アクレケア 成分

MENU

アクレケアの成分を徹底調査!

 

アクレケア,成分

 

気になるニキビ跡に働きかけ、たまご肌を作り出す成分の詳細をお伝えします。

 

 

魅惑の花、月下香

 

アクレケアには天然の美容成分がふんだんに使われています。植物から抽出された自然の力が、凸凹になってしまった肌をつるつるに変えていきます。実力派ぞろいの成分の紹介です。

 

月下香エキスの保湿力は別格です。ヒアルロン酸と比べると10倍もの保湿力があります。肌トラブルを解決する近道は、肌の潤いを保つこと。素肌が潤いに満ちていることで、ターンオーバーが活発になり、免疫力がアップします。

 

月下香は月夜に開花して、魅惑的な香りを出す植物です。古代インドで生まれたアーユルベェーダでも重宝されています。この花の花びらから抽出される「潤いベール」が肌の中にしっかりと水分を貯蔵します。凸凹肌や年齢肌にもとっても有効です。

 

 

ビタミンC含有量NO1のカムカムとは

 

カムカムは南米のペルーで栽培されている木の実です。直径3cmほどの赤い実を付けます。国策としてカムカムを育てるほど、有用成分をたっぷり含んだ有用なカムカムです。

 

カムカムにはビタミンCがたっぷりと入っているので、ジュースとしても人気があります。ビタミンCの含有量が世界一と言われているこのフルーツには、レモンの約60倍、キュウイの40倍、アセロラの2倍ものビタミンCがあります。

 

美肌作りにビタミンCはなくてはならない存在です。そんな大切なビタミンCを私たちは体内で生成することはできません。食べ物やサプリメントを通して積極的に摂取していきましょう。

 

ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブル、シミやくすみの改善にも力を発揮します。カムカムに含まれるポリフェノールには強い殺菌作用もあります。肌トラブルを未然に防ぐ効果も期待できますね。

 

 

保湿と美白のカモミールと茶エキス

 

ヨーロッパでのメディカルハーブとしての地位を確立しているのが、カモミールです。ハーブティとして飲めばリラックス効果だけでなく生理痛にもとってもよく効きます。抗酸化作用が高いので、様々な肌トラブルに働きかけます。ニキビや吹きでもの、シミやソバカスにも役立ちます。美白効果も期待できるので、ニキビが原因でできてしまった凸凹を目立たなくしてくれます。

 

カモミールには抗酸化力のあるポリフェノールも含まれています。アクレケアには同じようにポリフェノールを持つ茶エキスも配合されています。茶エキスのポリフェノールは、固くなってしまった肌を柔らかくほぐしていきます。ほぐされた素肌は、美容成分が吸収しやすくなり、弾力も甦ってきます。凸凹が目立たなくなるビタミンCもたくさん含んでいます。

 

 

ニキビケアに欠かせない甘草エキス

 

ニキビ治療に欠かせないと言っても言いすぎではない成分が、グリチルリチル酸2kです。マメ科の甘草から抽出した成分。グリチルリチン酸2kは炎症を抑える効果があります。赤くなってしまったニキビにもニキビ予防にも効き目があります。また、副腎皮質ホルモンの働きをする成分も含まれているために、傷ついてしまった皮膚を再生する作用もあります。

 

アクレケアにはヒアルロン酸も配合されているので、素肌にある水分をしっかりとキャッチ。肌に潤いが持続するので、自然とバリア機能がアップ。肌トラブルを解決する力が生まれます。そして、卵殻膜がまさに卵のようなつるつるお肌を作り出していきます。

 

ニキビで荒れてしまった素肌を様々な美容成分がしっかりとアプローチ。リピート率99.5%の信頼が生まれます。